竜とそばかすの姫【感想】

ストーリー


50億人がすれ違う

美しくも残酷な仮想世界。

ベルの歌声は世界を変える――

自然豊かな高知の田舎に住む17歳の女子高校生・内藤鈴(すず)は、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探しアンベイル。

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

公式ホーム参照
https://ryu-to-sobakasu-no-hime.jp/story/

感想


細田監督が描いたとかというよりも自分はyoutubeのCMでグラフィックももちろん、
使っている歌に感動して気になったのが見るきっかけになりました。

見始めて最初は学生時代に誰もが経験したであろう自分が嫌いという心象をめいっぱいに描いたシーン。
また、そんな嫌いな自分を変えたいけど現実では無理とわかって仮想の世界でも一人の自分を作る。
ここから自分のトラウマとの繋がり、またどうして人は無謀だとわかっても人を助けたくなるのか
という疑問を抱き嫌悪していた主人公。
仮想現実を通して自分の意外性を知り、色んな人の抹殺に立ち向かい自分を好きなっていく主人公に
餡銘を受けました。

グラフィックや世界観は広くて主人公が住んでるのどかな田舎の風景も色んなキャラクターがある
仮想現実もみて世界ってこんなに広いんだという実感できる映像観でした。普通は現実的には世界
48ヶ国?だけですが、インターネットのつなぐことで無限にも思える世界を生成しているのがなんとも
感動しました。

音楽ですが、主人公のAsのBelleが歌った瞬間合唱のような迫力があって終始ワクワクするして
興奮しました。すごいですね主人公の声優を演じた中村佳穂さん、声優も全く違和感なくて歌ってるの同じ人
すっげーなって感動しました。

劇中で個人的にえ?笑みたいなシーンは主人公の友達が廃学校の所にサーバーをつなげて
ネットにつながった所ですかね笑自分ITインフラエンジニアなのでえ?学校に光ファイバーケーブルあるの?笑
ネットワーク構築されてるの?笑とか変なところがきになりました笑

個人的注目ポイント

主人公すずのIT技術を通しての成長物語

それぞれのキャラが目指しているものがるという魅力

田舎の環境ののどかな場所と仮想現実の壮大な場所の比較

圧倒的グラフィック映像

Belleが歌う音楽すべて

似たような機能が現実のガジェットにもある

劇中ではイヤホンを通してAsを形成するシーンがあるんですが
似たような機能を持ってるガジェットがあります。

現実ではNuraloopというイヤホンがあって、聴覚検査で自分専用の音を作り出します

主人公の友達が持ってたサーバー。あれはタワー型サーバーといって
一般的サーバーといえばこれのイメージしやすいやつですね。

劇中に使用された音楽

まとめ


ここまでストーリーと感想をまとめてきました。まだ上映しているかと思いますので、
ぜひ映画でみてほしいですね。もう迫力も世界観も体感できると思うので見に行ってほしい映画です。

最新情報をチェックしよう!