インフラエンジニアになってみて苦労した事【誰かの肥やしになればいい】

 

ゆうとです
いつも見て頂き拡散して頂きありがとう
ございます

皆さんが知ってるかわかりませんが、エンジニアとういうのはプログラマー(デベロッパー)、インフラエンジニア、情報システム等で業種が様々あります。
その中で自分はインフラエンジニアをしてます(ネットワークよりの)

インフラエンジニアの理想と現実

理想

サーバー前にPC置いてカタカタしてる
PCだけあれば仕事ができる
言語(プログラミング言語)できれば安泰!

現実

そもそもインフラエンジニアって何?
って一般的に知られていない笑
皆さんが想像するようなサーバー前っていうのがいわゆるデータセンターというところですが、人によってはそこまで出入りをして仕事するわけでもない
日本の構造上多重構造なので、謎の職業形態が存在する(SES,客先常駐等)
人よってはラックっていう機械のケースに機械を入れる為に凄い工具セットが必須の人がいる
商流によるが機械を触ることより人に説明する資料作成の方が多いかもしれない。

デメリット

未経験や力不足だと力をつける為夜勤勤務になることが多い
SESや客先限定かもしれないが、ヤバい案件や常駐先がある
全くキラキラしていなくて、みんな詰める土方スタイルが主流
資格第一主義
一生勉強

メリット

インフラエンジニアは広く技術を知ることできるのと必然的に知る
理由としてインフラエンジニアはネットの基盤であるネットワークとアプリの基盤になる
サーバーを設定するので周りの技術考慮が必要になるからです。
資格さえとり続ければ自分の行きたい現場や上の企業へSESや常駐という選択ができる
IT技術を他の業種色んな仕事に応用できる
本当に学ぶことに際限なくてハードや通信、ソフト、アプリを学ぼうと思えば
学べるけど器用貧乏になりやすい
第2第3のキャリアを歩むことはできる

 

自分の感想

自分はSESという働き方をしているのですが、客先で働くと自社愛みたいなの
芽生えない。客先のお客さんによるのですが、本当にひどいと自社ルールにがんじがらめ
になる。難しいところではるんですが、長いキャリアを考えると技術的に一本でやっていく
というよりは営業やマネージャーを副業にしないと日本では儲からない。
SESは基本自社のサービスを持ってないので、PL以上のことは目指せないし、経験できない

インフラだからなくてはならないけど、一生安泰というよりは勉強をしないといらない人間と
して認定されるので、必然的に仕事をやめることになる。
自分は資格を持ってないんですが、持ってないと蛆虫扱いと資格ある人からマウントされまくり
なので、基本的に資格をとったほうがいいとは思う。
資格に関してですが、取っても意味ないみたい感じる人はいますが、資格を取ることを
目的というよりは自分のスキルの可視化とその知識を学ぶ機会なのでそのものというよりは
その先のことをできるようになるものだと思えばいい。

 

まとめ

この投稿自体内容薄いものになってますが、正直半分ストレス発散気分で話してます。
後、もしインフラエンジニアとして転職なり就職するなりする人がいればこういうのも
経験するかもしれないよという感じで書いています。
インフラエンジニアも仕事でしかないので、一概に代表して言ってるわけではないが
個人的偏見と感想です。
自分のライフスタイルにはまれば良いなと思っています。

 

最新情報をチェックしよう!