夜勤生活での変化

 

夜勤のイメージ

・昼夜逆転

・自律神経おかしくなる

・勤務時間が長く感じる

・どこも店が空いてない

何故夜勤で働くことになったのか

理由

仕事の性質上

今SEをやっていて、ネットワーク関連の仕事をしています。ネットワークというのは日中に通信の変更作業を行うと、失敗すると多大なる影響が出るので、皆さんが通信の利用が少ない夜中とかに変更作業を行ったほうが影響があまりないし事故を起こしてもすぐ回復出来るわけです。

ちょっと何いってんのかわかんない(笑)

例えば、携帯を利用していて、友達と連絡した瞬間突然連絡が取れない。これが長時間続くとニュースになるわけです。〜キャリアを利用しているけど、通信ができなくなりましたみたいな内容で報道されるわけです。また、病院とか救急医療で時間が有する仕事だと1分の通信断を起こすと誰かが手遅れになって死んでしまうわけです。

こういう通信に直で影響が出る仕事してます(*^^*)

勤務時間

・週5日の夜21時〜朝6時

正気自分はまだ短い方だと思います

夜勤の影響

・頭が正常に働かず、忘れっぽくなる

・仕事から帰った後から勉強等をしたくても体が動かなくて、すぐ寝て仕事行く習慣になる

・明け休みという名の無駄な休みを過ごすことなる

・正確性を求められる仕事なのに頭がぼーっとして作業が怖くなる

・友達と時間が合わなくて遊びに誘いにくくなる

・人が出勤しない時間だから電車に座れる

・日中のルールが適応されないので、楽な働き方ができる。例.朝礼とかない等

・体調が万全になることは絶対ありえない

・10キロ近く太る

・気持ち的に鬱っぽくなる。

・囚人気分が味わえる

・睡眠障害になる(寝れない)

・どこかしら体が壊れる

・店が基本やっていないので、休憩中コンビニ飯を喰らって、横になる。

・カフェインとエナジードリンクが大親友になる

夜勤の克服方法(あらがってみた軌跡)

・ジムに行く(運動をする)

・睡眠の質が良くなるような工夫をした

例.遮断カーテン、アイマスク、CBDオイル

・食事量を減らすようにした(逆流性胃腸炎になったから仕方なく)

・SNSの通知をオフにする(仕事の連絡とかわけわかんないことで起きたくない)

・サプリを取り入れる

太陽光を浴びないので、マルチビタミン。集中できないからプレワークアウト剤を入れる

・集中できる環境を構築する。

例.PCを真っ暗にする(背景なし)、PCのアイコンを画面から少なくする

・思い詰めないように休みの日はPCの勉強やyoutubeで面白そうな情報ないかを見て、仕事のことを一切考えないようにした。

まとめ

夜勤は正社員に限らずにアルバイトにもあると思います(昔病院の事務夜勤アルバイト経験済)。

正直夜勤にならずに済むならそれでもいいなと思います。むしろ、日勤の方が人間の生活ができるので、その方が良いです。

だけど、仕事の性質上、仕事の人事で仕方なく夜勤になる可能性があるのでその手助けになればいいなと思います。

夜勤者になって半年以上経っていますが、慣れませんし、日に日に体の内からボロボロになってることが明確にわかります。仕事で大きな障害で対応した際にもう家で泣き崩れています。

それでも、この生活続けているのは、屍を引きずりながら工夫した行動があるからと思っています。

誰かの助けになればいいので、シェアお願いします。

最新情報をチェックしよう!